ニキビ肌に効果的な洗顔石鹸

肌が荒れていると何だかお出かけするのも嫌だし、人にも会いたくなくなりますよね。
どうにかしたいと思っていろいろなスキンケアを試してはいるけれど中々お肌がよくならない…ニキビ肌の基本は洗顔というけど洗顔は何が一番いいのかわからない…
そんなニキビ肌の悩み、実は洗顔を石鹸に変えるだけで肌質を変えニキビ肌を改善することが出来ます。

何で洗顔には石鹸がいいの?

まず石鹸とは主に、油脂・苛性ソーダ・精製水などの石鹸生地とよばれるものがまざることでこれがもとになって石鹸は作られます。
最近だとニキビ肌にはアルガンオイルの石鹸がいいとかオリーブオイルの含まれる石鹸が
いいなど多様多種で沢山の種類の石鹸が出ています。
お肌に刺激が少なく美肌になるためには「お肌に近い石鹸で洗うこと」が基本になります。

お肌に近い石鹸ってなに?

弱酸性であったり、無添加、無香料、無着色のものをいいます。
保湿成分が含まれている石鹸も悪くはないのですが、よかれと思って含まれている保湿成分が肌へスキンケアの浸透力を妨げてしまったり成分自体が合わないことがあったりするので肌の調子が悪い時は一番シンプルな石鹸を選んでお肌がもともと持っている自己治癒能力を引き出してあげましょう。過剰なお手入れは肌荒れを引き起こす原因となることがあります。

石鹸は何だか突っ張る感じがするし肌に良くない気がすると躊躇していた方も
洗顔石鹸を良く泡立てて優しい泡で丁寧に洗ってあげてくださいね。

△PAGE TOP