洗顔石鹸の無添加の落とし穴

洗顔石鹸を選ぶときに無添加や無着色、無香料だから肌にいいと思っていませんか?
それって実はとっても間違いやすい落とし穴なんです。
きちんとした知識を知ることはお肌を美しくすることへの最短の近道です。無添加石鹸について調べてみましたので買うときに是非参考にしてみてくださいね。

無添加石鹸ってなに?

旧厚生省が定めた「旧指定成分」のことをいいます。
「ごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分」を使っていないものを指していますが人によって個人差がありますので自分のお肌がどの成分にあっているのか
自分自身で見極める必要があります。
単に無添加といっても基準を満たしていれば表記できるため、無添加にはピンからキリまであって無添加石鹸もどきになっていることがあるのです。

無添加石鹸がおすすめな肌質は?

ニキビ肌や、アトピー、敏感肌、乾燥肌などの肌のトラブルに悩んでいるすべての人に、
無添加石鹸はおすすめです。肌の土壌が良くないときに質のよくない化学成分ばかりの石鹸を使っても肌は改善されません。逆に肌トラブルを引き起こしたり乾燥を悪化させてしまう原因となりますので注意してくださいね。

現代では市販で売っているものの多くが無添加と謳っている商品ばかりです。
肌の不調の原因は知らず知らずに使っていた石鹸かもしれません。
知らないだけで肌荒れの原因になっているなんてこわいですよね。
きちんと知識を付けたうえで使ってみてくださいね。

△PAGE TOP