洗顔石鹸の選び方

洗顔料ちゃんと意識して使っていますか?
美肌の基本は洗顔からといわれるぐらい基本となるとても大事なところです。
洗顔料には実は洗顔フォームと洗顔石鹸の2種類があります。
え、これ一緒でしょ?って思った方間違えています。
最近なんだか肌の調子が悪いな…そんな方は是非洗顔の種類から見直してみてください。
この違いは、大きくまとめると配合されている成分が異なります。
詳しく比較していきましょう。

洗顔フォームは肌によくない?

洗顔フォームには洗浄料が強すぎる合成界面活性剤が含まれているためです。
界面活性剤は通常洗浄するものにはすべて含まれているのですが、
合成界面活性剤とはようは食器洗い洗剤に含まれているものと一緒なんです。
この合成界面活性剤は、汚れを落とし過ぎてしまうので肌に残しておかないといけない
保湿成分まで取ってしまいます。使った後に肌がつっぱる感じがするのはそのせいなんですね。
保湿効果の高い石鹸3選
逆に、使ったあとしっとりしてる洗顔フォームも実は落とし穴なんです。
しっとりするのは肌が良くなったわけではなくて、
合成界面活性剤で根こそぎ必要なものからすべて取った肌に、洗顔フォームに含まれる保湿成分が肌に付着してしまい洗顔後の化粧水や、美容液の浸透を妨げてしまうのです。この保湿成分は人工的に作られた肌には決してよくないものですので、それでは肌がよくならないのは歴然ですね。今使っている洗顔は大丈夫か見直してみてくださいね。

洗顔石鹸は大丈夫なの?

石鹸の多くは、脂肪酸ナトリウムや、カリウムなどの天然成分で出来ています。
肌の汚れを落とし過ぎず、必要なものは残して洗えるので肌にはとっても優しいのです。
また、石鹸はアルカリ性なので洗顔石鹸で洗うと肌がアルカリ性に傾きますが、
肌は自然と弱酸性に引き戻そうとします。
毎日お肌に安全だからと言って弱酸性のものばかり使っていると肌力が低下していまい、
お肌が自分で頑張れなくなってしまいます。
洗顔フォームで問題になっていた含まれる保湿成分がお肌に付着することもないのと、
洗顔石鹸が天然成分で出来ているのでお肌に付着しても安心して使うことが出来るのですね。
いかがでしたでしょうか?
毎日使うものだから、きちんと肌にいいものを使いたいですよね。
洗顔には石鹸がいいのは理解していただけましたでしょうか?
お肌がキレイなだけで何歳も若く見えますし、美肌は美人の基本です。
今日から洗顔石鹸を試してみてお肌をさらにキレイにしちゃいましょう!

関連動画

更新情報

△PAGE TOP